関節リウマチは早期発見が大切!

関節リウマチは、早期発見、早期治療が大切です。

 

関節リウマチは、完治こそ簡単ではありませんが、治療方法については年々進んでいます。また、治療法方も現在は、

  1. ピラミッド方式
  2. ステップダウン・複数併用療法

といった方法が主に用いられています。

 

1のピラミッド方式とは、薬物療法の1つで弱い薬から徐々に強い薬に変えていく治療法です。

(弱い)非ステロイド系抗炎症薬→抗リウマチ薬→副腎皮質ステロイド薬→免疫抑制薬(強い)

 

2のステップダウン・複数併用療法は、抗リウマチ剤を複数使い、最初にリウマチを叩く方法で、経過を見ながら薬を減らしていく手法です。

 

リウマチの治療法は、研究も進んでおり、やはり最新の研究や動向を把握しているリウマチ専門医に受診することが大事になってきます。

 

もし、リウマチ専門ではない病院で通院している場合で、症状が変わらない場合は、専門の病院をさがしてみましょう。専門の病院には、日本リウマチ学会から「リウマチ認定医」として認められた医師がいるはずです。

 

もし、分からない場合は、日本リウマチ財団でリウマチ登録医を調べることもできます。以下でも調べることができますよ。

 

リウマチ情報センター

日本リウマチ財団登録医・看護師・薬剤師の所属する医療施設を調べることができます。
>>リウマチ情報センター

 

リウマチ情報センター