リウマチに効果的な漢方薬ってどんなものがあるの?ツムラはやっぱり効く?

リウマチには温泉が効果的とか、適度な運動で改善するとか、いろいろな説がありますが、昔から言われているのが漢方薬の効果です。

 

漢方薬というのは複数の生薬を組み合わせることにより作られた薬のことで、患者の体質や症状に合わせて調合されています。薬草や調合方法によっていろいろな効果が発揮されるのが漢方薬の特徴で、使い続けることで体調の改善にも繋がるんですよ。

 

でも漢方薬ってよくCMなどで聞きますがイマイチどんな効果があるのか、どんな種類があるのか分からないですよね〜。中国四千年の歴史ってイメージがありますが結局どんな役割のものなのでしょうか。

 

漢方薬ってどういうもの?

 

漢方薬と聞くと中国のイメージがありますよね。そもそも「漢」というのは中国の元号ですし、中国だけで発展してきたものだと思っている方は多いと思います。確かに漢方薬というものは元々中国から流れてきたものですが、鎖国時代に日本で独自の発展を遂げて、日本人の気候や風土、体質に合うように改善され続けてきたものです。

 

そのため、今漢方薬として日本で流通しているものは日本独自の処方の漢方薬になっているんです。中国の漢方薬と効果や効能も異なることが多いので、日本の漢方薬を中国に逆輸入することだってあるんですよ。薬効を持った植物や動物、鉱物などをすりつぶしたり、煮出したりして生薬と呼ばれるものを作り、それを組み合わせて調合したものを漢方薬と呼んでいます。西洋医学に対して漢方は東洋医学と呼ばれているんですよ。

 

でも薬効のある植物などをすりつぶして薬にするというのは西洋医学でもやっていることですよね。西洋医学との違いはどのあたりにあるのでしょうか。

 

西洋医学では基本的に悪い部分を診断して、臓器別に悪い部分だけをターゲットにして治療を進めていきます。治療は即効性があり、短期間で効果があらわれることが多いとされています。一方、東洋医学における漢方というものは、身体全体の不調を治して治癒力を高めることで病気を改善していくという治療方法をとっています。身体の治癒力や免疫力、抵抗力を高めることを目的としているので即効性のあるものもあれば、長期間にわたっての治療が必要になるものも多いです。

 

漢方の病気の考え方は、基本的には、体内の調和、バランスが崩れるとおこるとうことです。なので、五臓六腑(ゴゾウロップ)、陰陽五行(インヨウゴギョウ)などの調和の考えを取り入れているんです。

 

もちろん、人の体は、それぞれ異なり、加齢、ホルモンの関係、アレルギー、体質などでバランスのとり方は個々人で違います。なので、ピンポイントで、例えば痩せるといった場合、痩せるだけに効果があるものだけで対応してしまうと、他の所に影響が出てしまう場合があります。

 

漢方は、そのような意味では、体全体とうもっと大きな枠で対処する成分や治療をおこなうものといえます。

 

リウマチに効果的な漢方薬って?

 

漢方薬というのは身体の体調を整えることで今抱えている病気や身体の不調を改善していくというものです。そのため、身体を温めたり結構の流れを良くすることで痛みが改善していくリウマチや関節痛などの治療に漢方薬は適しているんですよ。でも漢方薬ってどの生薬を調合するかでいろいろな種類に分かれますよね。リウマチの治療にはどの漢方薬が良いのでしょうか。

 

・大防風湯(だいぼうふうとう):ツムラ

 

リウマチや関節痛の処方として使われることが多い漢方薬です。血の巡りを良くして身体を温めてくれる効果があるので、関節や腰の痛みを緩和してくれます。また、慢性的な冷えに悩んでいる方にもおすすめで、長期間使い続けることで冷え性が改善することもありますよ。

 

・疎経活血湯(そけいかっけつとう):クラシエ薬品

 

関節痛やリウマチなどの傷みや、血行不良による痺れなどを緩和してくれる効果があります・血の巡りを良くしてくれるので冷え性にも効果があります。リウマチというのは痛みを生じることが多いですが、痛いからといって身体を動かさずにいると、どんどん血行は悪くなり身体は固まっていきます。そのため適度な運動が効果的なのですが、傷みが激しいと運動も大変ですよね。そのため、疎経活血湯などの痛みを緩和させる漢方薬が有効なんですよ。

 

・桂枝加苓朮湯(けいしかりょうじゅつとう):クラシエ漢方

 

血行不良で手足がむくんでしまうという方や、リウマチや関節痛で炎症を起こして患部が腫れてしまうという方におすすめの漢方薬です。冷え性による身体の傷みにも効果的なので、末端冷え性などの女性は桂枝加苓朮湯を処方し続けることで慢性的な冷え性が改善することもあります。

 

 

芍薬甘草附子湯(しゃくやくかんぞうぶしとう):大杉製薬

 

リウマチや関節痛で歩行が困難な方や、脚の屈伸が辛いという方におすすめの漢方薬です。冷え性や神経痛にも効果があり、関節リウマチ、筋肉リウマチ、五十肩などの患者さんによく処方されています。

 

 

・独活寄生湯(どっかつきせいとう)

 

むくみや冷えなどに効果を発揮してくれる漢方薬です。血行を良くして冷えを緩和してくれるのでリウマチや関節痛の患者さんはもちろん、若い方やスポーツ選手などもよく処方しています。しびれや腰痛にも効果があります。

 

これらの漢方薬はリウマチや関節痛、腰痛、冷え性で悩んでいる患者さんたちに多く処方されています。他にも防己黄耆湯(ぼういおうぎとう)やヨクイニントウなどは効果が高く好まれていますよ。

 

しかし漢方薬というものは患者さんの体質によって効果がないことや、逆に効果が強く出すぎてしまうこともあります。使用する前にはお医者さんの診断を受けてきちんと処方してもらって下さいね。

 

ツムラの漢方薬って効くの?

 

漢方薬と検索すると「ツムラ」が出てきます。やっぱり漢方薬というと漢方のツムラが有名なようです。ツムラは創業1893年の老舗で、良薬は必ず売れるという信念のもとに東京・日本橋で創業しました。高品質な漢方製剤を40年以上造り続け、現在、市場80%以上のシェアを占めている上場企業なんですよ。

 

高品質にこだわり、患者さん一人一人の悩みに対して効果のある漢方薬を作り続けている会社で、支持率も高いのでツムラの漢方薬を常用している方も多いんです。特にリウマチや関節痛に効果のあるツムラの漢方薬を紹介していきましょう。

 

・当帰四逆加呉茱萸生姜湯(とうきしぎゃくかごしゅゆしょうきょうとう)

 

ツムラ38 顆粒剤

 

これは、冷えが特にある人向けです。体の中の血液の流れを良くして身体を温めてくれる効果があるんです。

 

・大防風湯(だいぼうふうとう)

 

ツムラ97 顆粒剤

 

関節に炎症が発生している方向けです。特に体力が低下している方向けの漢方です。

 

・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

 

ツムラ23 顆粒剤

 

これは、リウマチや膠原病の治療としても処方される漢方薬です。リウマチになったことのある方は使ったことのがあるかたもいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ツムラの漢方薬の口コミ・評判は?

 

ツムラは、リウマチだけではなく、他の病気でも漢方を使う時には、良く耳にする会社ですよね。実績のある会社なので、安心して使うことが出来るのではないでしょうか。

 

ツムラの漢方薬の口コミを調べてみたところ「血行が良くなって関節痛が和らいだ」や「今まで生理痛などに苦しんでいたけれど、ツムラの漢方薬を使い続けることで楽になってきた」など効果を実感する声がありました。

 

しかしその一方で「効果がなかなか感じられない」「即効性がない」という声もありました。飲み始めて数日で驚くほどの効果が・・・という方はなかなかいないようですね。

 

しかし元々漢方薬というものは、身体の調子を整えて免疫機能などをアップさせることで、病気の治療に繋げていく、というものなので即効病状が良くなるというものではありません。改善を焦らず、楽な気持ちで長く使い続けることが重要なようですね。

 

リウマチに効く入浴剤