温浴はむくみ対策の効果って?【上手な入浴方法はコレ!】

平成22年の国民生活基礎調査では、足のむくみ・だるさを感じている人は、全体で29%、女性は、42%もいます。

 

男性と比較しても、女性は特に多いです。

 

むくみの原因はいろいろありますが、本来、血液は、体全体を巡ります。つまり、心臓から送り出された血液は、足の先まで届き、最終的に上昇してまた心臓まで戻ってくるのです。

 

むくみ対策 運動

むくんでいる状態というのは、どこかで血液の流れが滞ってしまっている状態です。例えば、足の筋肉は、血液を下から上へ押し上げる働きをしますが、筋肉が弱っている場合は、十分な力を発揮することが出来ません。

 

なので、女性の場合は、筋力自体が男性より弱いため、運動するなどの対策が必要と言われています。

 

また、そんな血流改善の対策として注目されているのが、入浴です。
入浴が良いといわれている理由が3つあります。

水圧作用

この水圧は、入浴すると、体全体に圧力が加わります。加わると、血管にも圧力が加わるため、心臓から遠い足のつま先や手の指先などで滞った血液が再び循環し始めるのです。このため、心臓も活発に働くため、血液の巡りが良くなるんです。

 

浮力作用

人間は、水中の中では、重さが1/10程度まで軽くなります。普段、歩いたり、階段を上ったり立っているだけで、重力を受けていますが、筋肉もそれだけ緊張しているです。お風呂に入ると、それだけ関節や筋肉に掛かる負担が軽くなるため、自然に緊張から解放されるのです。つまり、自律神経も副交感神経が優位になりやすいんです。副交感神経は、血管を広げるので、血液の流れも良くなります。

 

温熱作用

温熱作用は、体を温めることで、足先や指先までの毛細血管を広げるため、血流の流れを良くすることができます。つまり、体内のむくみの原因となる老廃物を排出してくれる働きがあるんです。ちなみに、温度は、38度から40度くらいの少しぬるめのお湯にしましょう。kankaiは温熱作業や疲労回復、保湿作用などむくみ解消をサポートする漢方が含まれています。

 

足湯もおすすめ!

産後のむくみ

妊娠中のむくみには、足湯がおすすめです。妊娠中の場合、血液が1.5倍程増えています。つまり、水分のバランスが崩れると、それだけむくみやすいんです。kankaiを使う場合は、足のふくはぎ位までお湯を浸けた状態で10分から20分程がおすすめですよ。

 

お風呂に入れない時

お風呂に入れない場合も足湯がおすすめです。足湯に入るメリットは、やはり副交感神経が優位になることです。つまり、リラックス状態に入りやすくなるのです。また、肝臓機能も足湯で疲労回復できるので、むくみ対策にはピッタリです。

むくみ対策 入浴

温浴入浴剤の中には、血流の流れを促進する成分が含まれているため、むくみ対策としてもピッタリの入浴方法です。和漢、ハーブ、炭酸など、リラックスも考えられた入浴剤が多く出ているので、自分に合ったものを見つけるため、一度試してみる価値は十分にありますよ。

 

リウマチの原因の1つは、関節の血流の流れの悪化です。リウマチ入浴剤は、そんな血流の流れを良くすることを目的に考えられた入浴剤なんです。

 

こちらも読まれています。
>>リウマチ入浴剤ランキング

 

TOPへ