冷え性に効く入浴剤 おすすめはコレ!

冷え入浴剤

 

冷えの原因とは?

 

冷え性って結構辛いです。
厚手の靴下を履いても足先はとても冷たく、一日中冷たいままの時もありますよね。

 

特に、冷え性は、睡眠不足を引き起こしたり、妊活中の方にとっては、大敵です。

 

冷え性の方は、特にカラダの芯まで温めてくれる温浴効果のある入浴剤がおすすめです。
そもそも冷え性ってなぜおこるのか、原因として代表的なものとして5つまとめました。

 

この原因対処として、人気のある入浴剤をお伝えします。

 

冷え性の主な原因とは?

冷え性は、幾つかの原因があります。ここでは、代表的なものをご紹介します。

1.自律神経の乱れ

 

冷え性の方の多くは、自律神経が乱れているといわれています。

 

自律神経とは、心臓の動きを調整しているだけではなく、内臓、体全体を統括する神経です。
働きは、血管を拡張したり、縮めたりする役割を持っているんです。
例えば、寒くなれば、血管は、熱を逃がさないようにするため、縮まり、
暑くなれば、熱を解放するため、血管が広がる働きをします。

 

特に体が冷えると、
自律神経は、内臓を温める方に集中するため、手足の血流が悪くなり、冷えます。
つまり、より冷えてしまうんですよね。

 

ですので、体を温める場合は、まず内臓を先に温めてあげることが大切です。
温浴は、内臓をしっかり温めてくれる入浴剤がベストです。

 

2.血行不良

 

妊活中 冷え

冷え性の原因の2つ目に、血行不良があります。

 

血行不良は、主に血液が不足していたり、血液が汚れている場合におこります。
とくに月経痛や生理不順の場合は、骨盤の中に古い血液が流れずにそのまま停滞している場合があるんです。

 

停滞することで、古い血液が、卵巣を冷やしてしいます。
特に、妊活中の方の場合は、卵巣を冷やしてしまうと、妊娠しにくくなるため、注意が必要です。

 

血行不良は、肌への影響としても現れ、顔のシミやシワ、唇が黒っぽくなるなど、見た目が変わってくるので注意しましょう。

 

この場合は、食事メニューに気をつけましょう。

1日3食食べ、偏食はしない。
鉄分を十分にとる。
・血液を作るビタミン(ビタミンC、ビタミンB12、葉酸)をとる。

 

3.ディスクワークの仕事が多い。動かない

 

デスクワーク 冷え

ディスクワークは、基本的に、歩くことが少ないですよね。
人間の筋肉の半分以上は、下半身にあり、特に足は、第二の心臓と呼ばれ、この足の筋肉がポンプの働きをして、心臓まで血液を押し上げているんです。

 

なので、足の筋肉が減るということは、冷えになりやすい体質を作っていることでもあるんです。

 

ですので、時間を決めて、椅子から離れて少しでも歩くことが大事ですよ。

 

4.食事メニューに冷えるものが多い

 

食事は、バランスが大事なので、冷えるもの、温めるものの両方を取った方が良いです。
ただ、偏り(冷えるものが中心)の場合は、見直す必要があります。

 

体を温める食べ物と冷やす食べ物は、色でみる方法があります。

 

温める食べ物 赤・黒・橙・黄色のもの
冷やす食べ物 黒い色、赤い色、オレンジ色のもの

 

野菜 冷え

体を温める野菜は、冬の旬野菜です。
主に地面の下にできる野菜です。
例えば、にんじん、ねぎ、たまねぎ、ごぼう、れんこん、かぼちゃ、生姜などです。

 

体を冷やす野菜は、夏の旬野菜です。
主に地面の上にできる野菜です。
例えば、レタス、キャベツ、白菜、ほうれんそう、小松菜、きゅうり、トマト、なす、ゴーヤ、大根です。

 

5.薄着による冷え

 

特に、お腹周りを出すファッションは、内臓を冷やしてしまうため、
出来る限り、ファッションとして楽しむ以外の時間は、避けるようにしましょう。

 

体の温度は、全て同じではなく、
はやり体の中心と比較すると足先では、7度以上も低いのです。

 

ですので、内臓を冷やしてしまうと、更に低くなるため、冷え性の方は注意しましょう。
ここからは、冷えを撃退する冷えに効く入浴剤ランキングをお伝えしていきます。

 

市販の入浴剤を使っていた方は、その違いを実感しますよ〜!

こちらも読まれています。
>>リウマチ入浴剤ランキング


 

TOPへ