富山の常備薬の入浴剤の口コミ

富山の常備浴

富山の常備浴。

 

リウマチの方に支持されている人気の入浴剤の1つです。
実はこの富山の常備浴は、富山の五州薬品との共同開発で生まれた入浴剤です。

 

 

五洲薬品は、昭和21年に創業し、1955年(昭和30年)に「桃源」という入浴剤を作ってから進化を遂げ、温浴効果のあるリウマチ・神経痛入浴剤として使わてています。(医薬部外品

富山の常備浴の口コミ

ここでは、富山の常備浴のクチコミをご紹介します。

富山の常備浴

痛みが和らいできた♪
リウマチを改善するために、何か始めたくて富山の常備浴を使ってみることにしました。
おかげで、大分痛みが和らいできた感じがします。
さらに、肌荒れやニキビまで改善されて、美容効果もあって嬉しくなりました。

富山の常備浴 口コミ

自宅ケアにはピッタリです!
リウマチの症状が今までよりもひどくなってきたので、自宅でできるケアはないかと探していたところ、富山の常備浴でリウマチが改善した!という評判を聞きました。
入浴することでリウマチが良くなるなんてと半信半疑だったのですが、使って2ヶ月ですが、朝の調子が良くなってきました。

富山の常備浴 口コミ

効果は分からないですが、続けてみようと思います。
肌が敏感なのですが、何とかしてリウマチによる痛みをどうにかしたいと思い、評判のいい富山の常備浴を使ってみることにしました。副作用もなく、安全に使えていますし、癒しの効果もあります。まだ、効果は分かりませんが、しばらく続けてみたいと思います。

富山の常備浴 口コミ

冷えにもいいと思う♪
リウマチに良いと聞いたので、使ってみました。
こちらの入浴剤を入れてお風呂に入るだけでいいので、とても簡単です。確かに入浴すると血行が促進されて、カラダがぽかぽかしていい感じです。冷え性にもいいです。

富山の常備浴

香りはいいです。
まだ使い始めて間もないからかもしれませんが、リウマチの効果が出てきません。しばらくは、様子をみてみないと分からないです。ただ、香りは良いのでリラックスできますね。

富山の常備浴 口コミ

1日の疲れが癒せます!
リウマチの痛みが本当に不快でストレスを感じていました。
でも富山の常備浴を使ってみたら、香りも良くて気持ちよく入浴できるし、腰痛や肩の痛みもとれてきました。今までよりも痛みが減ってきたのか、これで1日の疲れを癒すのが日課になってます♪

富山の常備浴 口コミ

 

 

自宅温浴は続けてます。
医師から家で温浴してみたらどうかと言われたので、始めたのが、富山の常備浴です。これを使うと、とても気持ちち良くて痛みが引いていく感覚があります。いつも40度前後のお湯で入っています。アレルギー症状も特にありません。長めに入ると効果が高くなる気がします。

富山の常備浴の効果は?主な成分から解析!

富山の常備浴の評判は、もちろん全てが良いとは限りません。

 

ですので、この常備浴にはどんな成分が含まれているのか?
それがリウマチにどんな影響を与えるものなのかが分からないの本当の意味で良さが分りませんよね。

 

ここでは、富山の常備浴の主成分等をピックアップして、ご紹介していきます!

カミツレ抽出液

カミツレ抽出液は、別名、カモミールです。
ハーブティーとしてご存じの方も多いのではないでしょうか。

 

実はこのカモミール。ヨーロッパでは4000年以上も前から薬草として使われ、医者の薬とも呼ばれている医療用ハーブです。

 

ピーターラビットという絵本がありますが、ピータ―がお腹をこわした時に、お母さんが作ってくれた飲み物がこのカモミールです。

 

カミツレ抽出液は、温浴効果に優れ、健康促進、保湿効果、抗炎症作用、抗菌作用として使われています。

グリチルリチン酸ジカリウム

グリチルリチン酸ジカリウムと聞いて、あまり聞きなれない言葉かもしれませんね。

 

これは、化粧品成分表示の場合は、グリチルリチン酸2Kと表示されます。

 

厚生労働省からも効果の認められている有効成分の1つで、カンゾウ(甘草)の根または茎から抽出したカリウム塩です。

 

これは、強い消炎作用のある効果をもつ成分で、特に、急性、慢性の皮膚炎に対して効果があります。喉の炎症を抑えるトローチにも含まれています。

 

また、成分は、肌に優しく、肌荒れを防ぐため、乾燥肌の方や敏感肌、混合肌、脂性肌、インナードライ肌の方にも使えます。

ローズマリー

ローズマリーは、血行促進やリウマチの関節の痛みに有効な成分です。

 

ハンガリー王妃の水としても知られ、当時、ハンガリーの王妃エルジェーベトはリウマチによる手足の痛みで苦しんでいたといいます。

 

その時に、尼僧が持参してきたのが、ローズマリーの入ったお水でした。これを飲んだ王妃はもとの健康に戻ったとされています。

 

今でもハガリアンウォーターというと、ローズマリーのことを指すそうです。

アルニカ

アルニカは、有効成分の宝庫として知られた植物です。実にその数150種類以上。
18世紀には、リウマチ、痛風、静脈瘤などの治療として既に使われていた成分です。

 

アルニカエキスは、鎮痛、治癒力、温浴効果のある成分として知られ、ドイツ(※)では、関節リウマチの方に、アルニカのジェルを塗って、抗炎症、鎮痛用として使われています。

※アメリカのFDAにあたるドイツBGA(ドイツ連邦保健庁:German Commission E)のこと。ドイツ医療の効果効能を論文を通じておこなう機関。世界的な権威として知られています。

 

 

富山の常備薬の入浴剤を使ってみた感想

富山の常備浴は、ホント温まります。

 

そして、お風呂に入浴剤を入れた時に、エキスがお湯に染み込んでいくのが良く分かります。
抗炎症化作用もあるため、痛みを和らげ、肌もしっかり保護してくれている感じがします。

 

また、富山の常備浴を使う前までお風呂から上がると、私は、なぜか肌が痒かったんですよね。
これは、30年以上も続いてました。

 

ただ、この富山の常備浴に変えてからは、痒みも治まってきたので、不思議です。
また、柑橘系の香りなので、気持ちがリラックスできるのが嬉しいですよね。

 

この常備浴は使い続けていくほど、不思議と、体も変わっていきます。

 

不思議な入浴剤です。
ぜひ、使ってみてください。

 


TOPへ