kankai 更年期におすすめの理由とは?【3つのポイント!】

更年期

更年期は、閉経を迎える40代半ばから55歳くらいの10年程の期間をいいます。

 

というのも、日本女性の閉経の平均年齢が、50歳であるため、この期間は、月経の異常や月経不順が続く時におこりやすい期間でもあるのです。

 

その原因となるのが、エストロゲンの分泌です。

 

本来は、このエストロゲンの分泌により、卵胞期、排卵期、黄体期、月経といったサイクルの流れを作るのですが、卵巣機能が低下しているため、途中止まってしまうのです。

 

更年期になると、

月経サイクルが短くなったり長くなったりする。のぼせ、ほてり、頭痛、しびれ、不眠、イライラする、冷え、うつ状態など精神的な部分や自律神経失調症など

の症状が現れてきます。

 

また、更年期の後半になると、

高血糖、尿もれ、関節痛、腰痛、肩こり、シミが増える、シワが増える、動脈硬化が進行するなど

の体の変化が現れてきます。

 

更年期障害の入浴法

 

更年期の障害対策は、大きく2つあります。

1.自律神経を整える。
2.気持ちを安定させる。

 

うつ病の方にも言えることですが、更年期障害になると、脳内への血流が悪くなります。脳へ届く血液が不足すると、血液と一緒に流れる酸素が不足したり、自律神経の乱れにもなります。

 

脳への血流を流してあげるためには、お風呂で血行を良くしてあげる必要があるのです。特に、kankai入浴剤は、血流の流れを良くするために作られた入浴剤なので、更年期障害にはピッタリの入浴剤なんです。

kankai入浴剤とは?
kankai入浴剤は、特に体の血行が悪いことで起こるリウマチ、神経痛、冷え性の方に支持されている漢方パックです。また、漢方の成分は、血のめぐりを良くする生薬に厳選しているため、効果的であるだけでなく、肌にも優しいのが特徴です。

 

更年期におすすめのkankaiの3つのポイント

血行の流れに注目した入浴剤

kankai入浴剤は、数ある漢方系の入浴剤の中でも更年期障害の方にも人気の入浴剤です。というのも、リウマチや神経痛の方も実は同じ関節などの血流の流れに悩まされているからです。血流の流れを良くすることで、睡眠の質も上がります。

 

不の連鎖から、正の連鎖に変わる習慣が自分で作れる点が入浴剤のメリットでもあります。ちなみに、入浴は、就寝前の2時間程度前が効果的です。生活のリズムを取り戻しましょう!

 

肌への負担がない。

更年期になると、やはり、肌もシワやシミが出来やすくなります。つまり、肌も弱くなってきます。お風呂は、体全体が肌と触れます。まさに、入浴剤は、全身美容液と同じものです。

 

ですので、肌に優しい無添加が安心ですし、何より負担がありません。続けやすさという点からも、良いですよ。

 

購入後も安心。返金保証が付いている。

 

実際に使ってみたけど、自分には合わなかった。ということもありますよね。特に、kankaiは入浴剤としては安い買い物ではありませんよね。

 

一般的な入浴剤は、購入したら終わりですが、kankaiは返金保証まで付けてくれてます。その意味では安心して購入できるのではないでしょうか。どうしても不安な方は、最初の1ヶ月だけ用のお試し単品購入(12600円)ができますよ。

\ キャンペ―ン割引中! /

>>更年期におすすめのkankaiはコチラ!