kankai 便秘に効くって本当?【その理由とは・・】

便秘

便秘が続くって、あまり気持ちの良いものではないですよね。結構辛いです。

 

うんちは、本来、腸のぜんどう運動で、押し出されるものです。でも、それが出来ずに、溜まってしまうのが便秘です。

 

実は、便秘は、腸のぜんどう運動と関係しているんです。もっと言うと、自律神経の働きと関係しています。特に、便の排出は、副交感神経が優位になっている場合です。逆に、交感神経が優位の場合、本来働くべき、うんちを押し出す力が弱くなります。

 

自律神経の乱れ

自律神経の乱れは、
ぜんどう運動だけではなく、他にも影響があるんです。例えば、腸内の血流の悪化です。血流が滞りぎみになると、リンパの働きが弱くなります。

 

血流の流れ

リンパが滞りぎみになると、体全体が冷え、何もしていないのに、冷えを感じるようになります。いわゆる、冷え性です。また、血流の流れが悪いと、顔のむくみや足のむくみといった形で現れることがおこるんです。

 

ですので、たかが便秘とは思わず、自律神経を乱すような生活リズムは避けるようにしたいところです。

 

便秘には入浴が最適!

 

そんな自律神経の乱れを正すのが、入浴です。入浴は、副交感神経を優位にするため、便秘対策としてはおすすめです。中でもkankaiは、体内の血流の流れを考えられた入浴剤なので、リラックス効果や副交感神経を優位にするにはもってこいです。

 

kankai入浴

特にお風呂は、1日の疲れを癒す場としては、最適です。便秘を解消するには、副交感神経を優位にしてあげる必要があります。その意味でもkankaiを有効活用し生活リズムを取り戻すことは、大きな意味があります。

 

kankaiは無添加であり、漢方の力で体をしっかり癒してくれます。そして、体がしっかり温めてくれるので、夜の睡眠もぐっすり寝られますよ。つまり、睡眠の質も上げることができるのです。

 

今日の疲れやストレスは今日落とす。明日まで持ち越さない。そんな使いかたが出来るのが便秘の方にも人気のkankaiなんです。一度お試しあれ!

 

入浴とシャワーの違い
お風呂に入るといった場合、体を洗う意味では、入浴とシャワーを同じと思ってしまうかもしれません。ただ、大きな違いがあります。それは、自律神経への働きかけです。シャワーの場合は、交感神経を刺激し、入浴は、副交感神経を優位にする働きがあります。目覚めにシャワーを浴びると目が覚めるのは、交感神経が働くからです。

 

kankaiは、便秘の方にはピッタリの入浴剤です。ただ、決して安い買い物ではないので、最初は、お試しの1回限りの購入もおすすめです。ぜひ、体感してみましょう!

 

\ キャンペーン中! /

>>便秘におすすめのkankaiはコチラ!

kankaiは、自律神経の乱れや血流の流れが悪い方であるリウマチや神経痛、冷え性の方に支持されている入浴剤です。ホームページは、リウマチの方が中心となっていますが、便秘の方もけっこう使っています。ですので、安心して使うことが出来きますよ♪