「ズキ〜ッ!」と辛い肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)に効く入浴剤はコレ!

神経痛の痛みに悩んでいる方って多いですよね?

神経痛

 

世間的なイメージだと神経痛は中高年やお年寄りの病気という扱いかもしれませんが、
実は神経痛は若年層の発症率も高いんです!

 

何を隠そう私も25歳くらいのときに発症してしまい、それからずっとあの「ズキッ」とした痛みに悩んできたんです。病状によっては手術できることもありますが、それも難しい場合はどうにかして症状を和らげることで痛みを抑えることしかできません。

 

では神経痛を和らげるためにはどういった方法が有効なのでしょうか?

 

巷では温泉が効果的という話をよく聞きますよね?
昔から湯治というのは身体の痛みを和らげてくれる効果があるとされてきました。

 

「ただの迷信じゃないの?」と思っている方も多いかもしれませんが、
実は温泉に浸かるというのはすごく効果的な治療方法なんです!

 

患部を温めて血行を良くすることで痛みが和らぐものなので、温かい温泉にゆっくり浸かれば神経痛のあの「ズキッ」とした鋭い痛みも抑えることができます。

 

しかし、温泉なんて毎日入るわけにはいきませんよね?温泉地までは遠い場合が多いですし、毎日となると費用も馬鹿になりません。ではどうしたらいいのでしょう?

 

そこでおすすめなのが『薬用入浴剤kankai』なんです!

 

なんとこの入浴剤はリウマチ・神経痛・冷え性を改善してくれる効果があり、
効果抜群の温泉と同じような痛み緩和作用が期待できるんです!

 

しかも入浴剤なので自宅のお風呂に入れてお手軽に利用することができます♪

 

その痛みってもしかしたら肋間神経痛じゃない?

 

神経痛にもたくさんの種類がありますが、胸、背中、あばら、脇腹、助骨など、そのあたりに痛みを感じている方はいませんか?しかも微かな痛みではなく、激痛という言葉がぴったり当てはまるような「ズキ〜ッ!」とした痛みを感じてはいないでしょうか?もしかしたらそれは肋間神経痛かもしれませんよ?

 

肋間神経痛というのは、背骨からあばら骨まで出ている神経が、筋肉や身体の歪みなどにより圧迫されることから起きる症状です。
原因は神経系のストレスともいわれています。

 

緩和するためには正しい姿勢を意識したり、ストレッチで身体をほぐすのが有効とされています。

 

わき腹や胸付近が「ぎゅう〜ッ」と傷むので人によっては乳癌と間違う場合も多いようですが、
実は神経が刺激されて痛みが生じているんですね。
朝方や夜に傷むことが多いようです。

 

寝っ転がってストレッチをしたり、骨を正しい位置に戻す方法も有効ですが、
お風呂に入って血行を良くし、血行と関節の柔軟性をよくすることもとても有効な改善方法なんです。

 

普通の入浴剤とは段違いの保温効果『薬用入浴剤kankai』!

 

通常はお風呂に入っているときは暖かくて筋肉がゆっくりとほぐれていきますが、
お湯から出てしまうと身体は冷えてしまいますよね?

 

なので湯冷めしてしまったり、温度差で寒さを感じやすくなります。

 

しかし『薬用入浴剤kankai』は保温効果抜群なのでお風呂を出た後もポカポカが長持ちするんですよ!
次の日の朝まで身体の温かさを保ってくれるので、筋肉や神経が温まったまま就寝することができます。

 

そして持続的に『薬用入浴剤kankai』を利用することで骨や筋肉のコリが治り、痛みの完全な改善にも繋がるんです♪

 

今お買い上げならお値段もお得で、
約一ヶ月分が通常価格12,600円(税別)のところ初回は6,300円で手に入っちゃいます!

 

ただ、お試しの場合は、少し高いですが、通常価格12600円でお試しした方が安心です。
全額返金保証もついているので、お試し向きですよ!

 

ぜひお試しくださいね!

 

>>よく効く入浴剤ランキング!