kankai入浴剤のPMS(月経前症候群)の効果とは?【入浴対策はコレ!】

PMS(月経症候群)になると、辛いですよね。生理前までそのような状態は避けたいところです。このサイトでは、PMS対策としてのkankai入浴剤をご紹介します。

PMS

 

PMSの症状は、以下があります。

イライラする。
うつになる。
頭痛がする。
下腹部がズキズキ痛む
めまいがする。
ボーっとする
八つ当たりする。
落ち着かない。
肌荒れがでる。
胸が張る。
むくみがでる。
体がだるい。

生理が始まる10日位前から、辛い症状になって、PMSが強い時は、ピルを飲んだりと、苦痛が続きますよね。

 

PMSの原因は解明されていませんが、排卵期から黄体期に変わる時に、女性ホルモンであるエストロゲンとプロゲステロンの急激な変動がPMSに影響を与えているといわれています。

 

下は、生理の周期を示したグラフです。黄体期になると、エストロゲンの赤いグラフの上をプロゲステロンが急上昇して、黄体期の後半になると、一気に下降する動きが分りますよね。

 

ちなみに、基礎体温もこの黄体期は、一番高い高温層になっています。まさに、ジェットコースターにのっているかのような、体の変化です。特にPMSが強い方は、自分自身の体の変化についていけてない可能性があるのです。

 

生理の周期

出典元:テルモ http://www.terumo-womens-health.jp/learning/8_1.html

 

また、この変化によって、セロトニンが低下することで、精神的な不安や落ち込むようになってきます。また、ホルモンのバランスが崩れると、自律神経が不安定になり、自立神経は、副交感神経が優先になる時も、交感神経が優位な状態になることで、体が休まらない状態、血流の流れが悪い状態になります。

 

血流の流れが悪くなると・・・

・頭痛
・肩こり
・めまい
・ボーっとする
・むくみがでる

など、PMSに良くある症状が出始めてきます。なので、PMSが強い方は、まずは血行を良くしてあげることが大切です。

 

PMS

血行を良くするには、やはり、日本人に一番親しみやすいのがお風呂です。入浴は、サプリと異なり、副作用を心配する必要がありません。また、PMSは、交感神経が優位になりやすいため、お風呂は副交感神経を優位にする一石二鳥の方法でもあるんです。

 

そんなPMSの方に人気のある入浴剤がkankai入浴剤です。このkankai入浴剤は、もともとは、神経痛や冷え性、更年期障害、もっと症状の辛いリウマチの方に支持されている入浴剤です。

 

なぜ、支持されているかというと、こういった病気にかかる原因の大きな1つが冷えや血流の流れなんです。kankaiは、血行の流れ、冷えた体を温める働きがある効果的な入浴剤なので、売れているんです。

 

もちろん、血行の流れや冷えは、1ヶ月程度ですぐに治るものではありません。すぐには、効果はないですが、少しずつ変化していきます。また、kankaiの成分は、無添加の漢方なので、肌への負担を考えている人にとっては、優しい入浴剤です。

PMSのkankai入浴方法

お湯の温度は、38度から40度程度のあまり熱さを感じない程度にします。肩までお湯につかる場合は、時間は15分から20分程度にします。また、半身浴をする場合は、20分から30分と、少し長めに入ります。この時、気持ちもゆったりとしましょう。間違えても嫌だったことやストレスになることを思い浮かべない様にしましょうね。どちらかというと、楽しかったこと、嬉しかったことなど過去の思いででも良いですし、単純にお風呂を楽しむことでもOKです。kankaiは、しっかり体の芯まで温めてくれるので、お風呂に入った日は、夜はぐっすり眠ることが出来るはずですよ。

PMSが強い方は、40代以降になると更年期障害がでる可能性があるので、普段から血流の流れ対策はおこなっておきましょう。

 

\ お得なキャンペーン中です! /

>>PMSにおすすめのkankai入浴剤はコチラから!

 

PMSが続くと、更年期障害になりやすい。(40代以降)

◆更年期障害の症状(PMSとよく似ています。)

 

自律神経失調症
 睡眠障害、動悸、めまい、頭痛、耳鳴り、ホットフラッシュ(のぼせ、ほてり)、発汗
精神状態
 憂鬱、精神不安定、記憶力減退、意欲の低下、不安
痛み、症状
 肩こり、関節痛、筋肉痛、腰痛、腹痛、嘔吐、下痢、食欲不振、口が渇く、かゆみ